売上UPに特化したホームページを作成するなら

フォーアールエンジニアリング

HP Webデザイン ブログ

「ホームページ」と「サイト」の違いを図解で分かりやすく徹底解説

投稿日:

若手のコーギー社員
今さら聞きづらいですが、『ホームページ』と『サイト』の違いについて教えてください。

 

職場のIT管理者の方や、一般の方も『ホームページ』や『サイト』の違いについて、疑問を感じる方もいらっしゃると思います。一般的には、両方とも同じ意味として理解されていますが、もともとには違いがあります。

 

ここでは、『ホームページ』や『サイト』の違いについて分かりやすく解説致します。ぜひ、最後までお付き合いください。

 

 

「ホームページ」とは?

ホームページは、ホームとページに分けられますよね。ホームとは、直訳すると家になりますが、IT業界では、おおもとのページのことを言っています。

 

要は、トップページのことを指しています。よくブログサイトにホームボタンを準備しており、ボタンを押すとそのブログサイトのトップページが表示される仕組みになっています。ブログサイトの構造を見てみると、以下の図の通りになっています。

トップページがあり、カテゴリー毎に下層ページ(記事)が配置されています。ホームページとは、この図でいうところの赤枠の箇所になります。

 

サイトとは?

次は、サイトについて解説しますね。

 

サイトとは、ページの集まりのことを指しています。つまり、先ほどの図でいうところの全体の総称をサイトと呼んでいます。以下の図のように赤枠で囲んでいるところです。

 

なので、ブログは、ブログサイトと呼びますし、ネットショップは、ショッピングサイトと呼びます。

 

なぜ「ホームページ」と「サイト」が一緒の意味として使われているのか?

もともとは、違った意味で使用されていましたが、現在は、同じ意味として使用されています。なぜ、このようになったのか?

 

それは、和製英語として使われたため、日本では、本来の意味として定着されなかったとされています。世の中には、もともとの意味と違った意味で使われている和製英語は沢山ありますよね。『ホームページ』と『サイト』も、その1つであると言えます。

 

海外では、通じないので気をつけましょう。日本内で使う場合では、IT業界でも一般的に同じ意味として使用しているため、仕事で使うときは、どちらを使用しても問題になりませんので、ご安心ください。

 

ただし、どちらかというと『ホームページ』の方が世の中的に多く使われています。使い分けがわからない方は、『ホームページ』を使った方がいいでしょう。

 

まとめ

重点ポイント

  • 『ホームページ』は、『トップページ』のことを指している
  • 『サイト』は、『ページの集まり』のことを指している
  • 『ホームページ』と『サイト』は和製英語
  • 海外での使用は気を付ける
  • 日本内での使用は問題なく使用可能

 

以上、『ホームページ』と『サイト』の違いをまとめました。

 

今回のように、他人には聞きづらい質問等も解説して行きます。

 

本サイトでは、ホームページ作成やプログラミングに活かせる知識を、惜しみなく発信しています。こういった知識を、吸収したい方は、ぜひ、我々サイトのホームボタンを押していただき、他の記事をご覧ください。

 

以上です。記事が参考になりましたら幸いです。

先ずは無料相談から、あなたのお悩みをお聞きします!


顧客に愛されるホームページの企画・制作からSNS運用まで。
目的に合わせたホームページをご提案致します。

無料相談はコチラから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKA

自分の知らない分野にも恐れず挑戦するフォーアールの開拓者。建築関係の仕事をしていたのに、畑違いの分野でも結果を出せるのは人一倍努力しているから。学習意欲が高く、本を読みながら街を歩いていることもしばしば!副業で取り組んだビジネスが、わずか三ヵ月で本業の収入を追い抜く。データ分析が得意。というか、やり過ぎなくらい分析してる。大量のデータに裏打ちされた独自の理論で売上を伸ばしている。仕事で海外を飛び回っていたこともあり、英語も堪能。豊富な海外経験からグローバルな視点を活かし、海外メーカーの代理店契約なども手掛けている。趣味のサーフィンも大会で上位に食い込むほどの実力者。

-HP, Webデザイン, ブログ

Copyright© フォーアールエンジニアリング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.