売上UPに特化したホームページを作成するなら

フォーアールエンジニアリング

HP Webデザイン ブログ

企業ホームページは無料で作成しよう|「かっこいい」サイトの作成ポイントを徹底解説

投稿日:

若手のコーギー社員

上司に企業のホームページを作るよう頼まれました。今まで、作成したこともなく、全くの素人なんです。

こんな素人(素犬)でも大企業のHP顔負けのかっこいい企業用ホームページを作成したいです。企業用ホームページを作成する方法や必要なソフトと価格を教えてください。

 

起業された方や、個人事業主としてビジネスを始めた方には、自社のホームページをどのように作成するか迷いますよね。本業の仕事も大量あるし、あまりお金を出さず、短時間で作成したいと感じている方は多いと思います。

 

ここでは、そのような方向けにホームページを作ったことがない人でも、簡単に作成できる無料のツールを紹介します。これらのホームページ作成ツールのメリット・デメリットも併せて解説しますので、ぜひ、最後までお付き合いください。

 

 

企業のホームページは、無料でも作成できる時代

現在のIT業界は、技術の発展するスピードがとても速くホームページ作成ツールも、ものすごい発展が起きています。その中で、無料のホームページ作成ツールとして特に人気なのが、「Wix」「Jimdo」「STUDIO」です。

 

自分でホームページを作ろうと思うと、ドメイン取得やレンタルサーバーの契約、コーディングなど知識が必要となりますが、これらのツールであれば難しい知識が無くても、あっという間にホームページを作ることができます。

 

「Wix」「Jimdo」「STUDIO」のどれが良いの?という疑問には、以下の記事にて比較して解説していますので、そちらの記事で確認ください。

 

ホームページ作成ツールには、デメリットもあります

良い面ばかりではありません。

デメリットもあるので、その部分についても説明します。

 

その1.特殊機能が追加できない

ホームページ作成ツールには、ログイン機能やショッピング機能など、良く使われる機能が搭載されています。しかし、より特殊な機能を入れようと思っても、対応していないケースが多く、希望に沿ったホームページを作成することができません。細かくカスタマイズしたい方には、向いていないでしょう。

 

その2. 細かなデザインが編集できない

ホームページ作成ツールは、細かな部分を編集することができないため、デザインにこだわる方は、向いていません。

 

その3. 他サービスに乗り換えができない

ホームページ作成ツールは、作成したデザインや記事のデータを吐き出せないことが多いため、他社のサービスの方への乗り換えが難しいです。あとから良いサービスが出て乗り換えたい場合は、ほとんどが、一からデザインを作成する必要が出てきます。

また、そのサービスが終了した場合に全てのデータがなくなるというリスクがあります。そういったところも考慮する必要が出てきます。

 

これらのデメリットがありますが、シンプルな企業ホームページを作成したい方は、ホームページ作成ツールで十分です。以下に「Wix」「Jimdo」「STUDIO」毎に具体的な使い方に関しては、下記の記事に記載しましたので、そちらを確認ください。

 

no image
プライバシーポリシー

株式会社フォーアールエンジニアリング(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプ ...

続きを見る

 

もし、先ほどのデメリットで引っかかる方がいらっしゃいましたら、ホームページ制作会社へ依頼するのもありです。ホームページ制作会社の選び方については、以下の記事で詳しく記載していますので、ご確認ください。

 

no image
プライバシーポリシー

株式会社フォーアールエンジニアリング(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプ ...

続きを見る

 

企業のホームページのサイト構成

ホームページの作成ツールで作成しようと決心し、いざ、ツールを使ってみると行き詰まると思います。その一つの理由として、サイト構成を決めていないからです。

 

サイト構成とは、どのようなページをホームページに掲載するか決めることです。例えば、お問い合わせフォームを準備していなかったら、お客様は、離脱する一方ですよね。

 

このように、サイト構成がしっかりしていないと、時間をかけてホームページを作成しても、無駄になります。そのため、ここでは、一般的に使用されている企業のサイト構成を紹介します。

 

1. トップページ

トップページは、ホームページの顔と言っていいほど重要なページです。多くの訪問者は、トップページを拠点として、各ページに遷移していきます。

 

トップページは、どんな内容のサービスなのかを伝える役割を持っています。そのため、ホームページの概要やサービスの要約などを載せることが、一般的です。

 

以下は、企業用ホームページのトップページ例です。

 

2. 会社概要

会社概要ページは、ホームページにおける名刺を担っています。良いトップページを作成したとしても、会社概要ページが不適切だとお客様に不信感を与えてしまう恐れがあります。

 

逆に正しく記載することでお客様に信頼感を与えることができるので、しっかりと記載していきましょう。以下の内容を網羅していれば問題ありません。少なからず※の項目は記載することをオススメします。

 

ポイント

・会社名※
・代表者名※
・所在地※
・連絡先(Tell/E-mail)※
・設立日
・事業内容
・資本金
・従業員数

 

以下は、企業用ホームページの企業概要ページの例です。

 

3. サービス内容

サーピス内容ページは、ホームページにおける製品カタログの役割を持っています。初めてお客様に自社サービスを紹介できるページになります。

 

このページでは、文字量が多くなると読むのが面倒になり離脱される恐れがあるので簡潔にイラストや写真を使って分かりやすく伝える必要がります。

 

また、サービスに対してどういった信念やコンセプトを持っているかを併せて記載することで、お客様に信頼感を与えることができます。以下は、企業用ホームページのサービス内容ページの例です。

 

4. お問い合わせフォーム

お問い合わせフォームは、ホームページにおけるお客様窓口です。会社概要やサービス内容を見て興味が出たお客様がお問合せしていただける場所となっています。

 

サービスの契約に繋がる窓口となるため、必ず作成しましょう。お問い合わせフォーム作成のポイントは、記入項目を極力減らすことです。項目が多いければ多いほど、離脱率が高くなります。

 

一般的には、以下のように極力、記入する項目を抑えてお客様に記入してもらいましょう。

 

ポイント

・メールアドレス
・名前・法人名
・お問合せ内容

 

以下は、企業用ホームページのお問い合わせページの例です。

 

5. プライバシーポリシー

プライバシーポリシーとは、個人情報およびプライバシー情報の取り扱い方針を定めた文書です。個人情報やプライバシー情報を取り扱う場合は、必要になるページなります。

 

こちらは、Googleで調べれば雛形が沢山あります。以下のURL先にプライバシーポリシーの雛形があるので、こちらを参考に記載してください。

 

プライバシーポリシーの雛形(ひな型)

 

このように、サイト構成をしっかりと理解して、ホームページを作成することで、お客様に的確に自社をアピールすることができ、お問い合わせも沢山届くようになります。

ホームページ作成ツールで、ホームページを作成する場合は、先ずは、サイト構成を決めてから取り組むようにしましょう。

 

企業のホームページ作成で困ったら他社のサイトを参考にしよう

サイト構成を決めても、詳細なデザインが決まらない場合があります。その場合は、同じ業種のホームページを探して参考してデザインすることをオススメします。

 

他社のホームページを参考にさせてもらいことで、どういったデザインがお客様に伝わりやすいかを判断して、自社ホームページに取り込んでいきましょう。

 

ホームページのデザインをまとめたサイトを活用しよう

同じ業種のホームページを探すのは、意外と簡単です。
以下のサイトは、ホームページのデザインをまとめたサイトになります。

 

企業・コーポレートサイト WEBデザインのリンク集

 

こちらのサイトのサイドバーに、「WEBサイトカテゴリ」のカテゴリタグがあるので、同じ業種を選択してください。選択しますと、そのカテゴリのホームページデザイン一覧が表示されるため、自分が気になるデザインをストックしましょう。

 

ストックしましたら、各デザインを参考にして、自社ホームページを作成していきます。

 

このような方法で、大企業にも負けないホームページも作成可能ですので、ぜひ、取り組んでみていただければと思います。

 

まとめ

重点ポイント

  • 企業のホームページは、無料のツールでも十分に作成可能
  • ツールで、特に人気なのが、「Wix」「Jimdo」「STUDIO」
  • 無料ツールでは、細かなカスタマイズができない
  • ホームページ作成する前に、サイト構成を考えよう
  • デザインは、他社ホームページを参考にしよう

 

以上、企業ホームページの作成方法をまとめました。

 

この記事を読んでもホームページを作成するのに、戸惑う方も多いと思います。「Wix」「Jimdo」「STUDIO」のそれぞれのツールで使い方をまとめた講座があれば一番分かりやすいと考えましたが、そのような講座はありませんでした。

 

そこで、僕がYoutubeでそれぞれのツールの使い方にて簡単な動画講座を準備しようと思います。作成しましたら、このブログやツイッターで報告しますので、ぜひ、フォローお願い致します。

 

また、「Wix」「Jimdo」「STUDIO」で、どれが一番あなたに合っているか比較検討した記事を以下にて作成しましたので、こちらも確認ください。

no image
プライバシーポリシー

株式会社フォーアールエンジニアリング(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプ ...

続きを見る

 

以上です。記事が参考になりましたら幸いです。

先ずは無料相談から、あなたのお悩みをお聞きします!


顧客に愛されるホームページの企画・制作からSNS運用まで。
目的に合わせたホームページをご提案致します。

無料相談はコチラから

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TAKA

自分の知らない分野にも恐れず挑戦するフォーアールの開拓者。建築関係の仕事をしていたのに、畑違いの分野でも結果を出せるのは人一倍努力しているから。学習意欲が高く、本を読みながら街を歩いていることもしばしば!副業で取り組んだビジネスが、わずか三ヵ月で本業の収入を追い抜く。データ分析が得意。というか、やり過ぎなくらい分析してる。大量のデータに裏打ちされた独自の理論で売上を伸ばしている。仕事で海外を飛び回っていたこともあり、英語も堪能。豊富な海外経験からグローバルな視点を活かし、海外メーカーの代理店契約なども手掛けている。趣味のサーフィンも大会で上位に食い込むほどの実力者。

-HP, Webデザイン, ブログ

Copyright© フォーアールエンジニアリング , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.